抜け毛対策に有効な栄養素が多く含まれる食べ物

抜け毛対策に昆布やわかめなどの海藻類が良いという話は有名です。ただ、海藻類ばかり食べていればOKというわけでもありません。育毛には何より栄養バランスの良い食事が大切です。以下に、抜け毛対策に有効な食べ物を挙げるので、それらをバランスよく毎日の食事に組み合わせることを心がけましょう。

髪の原料となるたんぱく質
髪の成分を調べると、その99%はたんぱく質から成っています。正確には、ケラチンというアミノ酸が結合して作られるたんぱく質です。これが足りないと髪の毛が細くなり、抜け毛が進んでしまいます。ケラチンを作るには良質なたんぱく質を摂ることが大切です。豆腐、納豆、枝豆などの大豆食品、鶏肉や卵白、チーズや牛乳などの乳製品、マグロや白身魚のような魚類が、良質なたんぱく質をたくさん含む食べ物です。

キューティクルに欠かせない亜鉛
亜鉛は体内の新陳代謝を活性する育毛に必須の栄養素です。髪の元となる毛母細胞の分裂・再生を促進し、刺激や摩擦から髪を守るキューティクルを作ります。亜鉛を多く含む食べ物には、牡蠣、牛肉、豚レバー、ゴマ、ピーナッツ、アーモンドなどがあります。

髪のパサつきを抑える鉄分
鉄分は髪に栄養を運びます。鉄分の不足は髪のパサつきの原因です。髪がパサつくと髪が抜けやすくなるので、鉄分の補給は抜け毛対策に欠かせません。鉄分は、レバー、芽キャベツ、ピーマン、ホウレンソウ、マグロ、干しエビなどに多く含まれます。ビタミンCと一緒に摂取することで、鉄分がより体内に吸収されやすくなります。

女性ホルモンの分泌に必須のビタミンE
ビタミンEには、過酸化脂質という抜け毛の原因となる物質の生成を抑制し、女性ホルモンの分泌を正常化する作用があります。女性ホルモンが髪に大切なことは、女性の方が男性より薄毛の人が少ないことからもあきらかでしょう。ウナギ、オリーブオイル、ごま、アーモンド、アボカド、ピーマンなどがビタミンEを多く含む食べ物です。