20代に目立つ薄毛・抜け毛の原因とその対策

最近では、男女とも20代の若さで抜け毛や薄毛に悩む人が増えています。20代に薄毛・抜け毛が増えた原因は、生活習慣の変化です。昔の人と比べて現代の若者には、偏った食事や運動不足の人が目立ちます。そのため、髪や頭皮に必要な栄養が十分に摂取できてなかったり、自律神経が乱れて発毛が正常に促進されなかったりして、薄毛・抜け毛が増えるのです。ですから、その対策には、食生活の見直しと運動不足の解消が欠かせません。以下で具体的に見ていきましょう。

髪のためのバランスの良い食事とは
栄養バランスが整った食事が健康に大切なことは誰もが知っていますが、薄毛や抜け毛の対策のためには、毛髪を生成するための栄養に注目して、それらを積極的に摂取する意識が大切です。具体的な栄養素を挙げると、たんぱく質、亜鉛、ビタミンB群です。髪の毛を構成する材料のほとんどはケラチンというたんぱく質であり、これは約18種類のアミノ酸の結合から成っています。良質なたんぱく質は大豆食品に多く含まれますが、植物性だけでなく牛肉や卵など動物性のたんぱく質も意識して摂取するようにしましょう。亜鉛は、髪を作る元となる毛母細胞の分裂と再生を促します。牡蠣やレバーなどに亜鉛は多く含まれていますが、食事のみで必要量を摂取することは簡単ではないので、サプリメントで上手に補いましょう。最後にビタミンB群ですが、なかでもビタミンB6とB12が髪には大切です。それらを多く含む青魚や緑黄色野菜を積極的に食べましょう。

運動不足の解消
最近の20代の人には運動不足の人が増えています。学生時代に運動していた人でも、社会人となり運動する機会が激減することが多いようです。薄毛・抜け毛対策のためには、ハードな運動は必要でないので、最近運動量が落ちていると実感している方は、ウォーキングなど手軽に始められる運動から始めましょう。今後も豊かな髪を保ちたいなら、運動を習慣化して生活の一部にしてください。

まとめ
食事と運動で薄毛・抜け毛対策をするとなると、長期的な取り組みが必要です。焦っても急に髪は生えてこないので、気長に根気よく取り組んでください。